WordPress|アップデートに失敗したときの確認

ワードプレスの更新に失敗した場合

ディレクトリに「.maintenance」ファイルが残っていないかどうか?確認をする。同ファイルが残っている場合はリネーム後、ワードプレスの再表示・確認を行う。問題がない場合は後日削除する。

同ファイルはメンテナンスモード時に自動的に生成される。

ほか参考

1)アップデートを行う場合は、更新内容の確認を行うことが大事
データベースのバックアップ、キャッシュのクリアなども更新内容を確認することで何をすべきかが明確になる。使用しているプラグインなどがあればそれらの動作により停止などの処理をしておく。

2)キャッシュ系のプラグインなどは使用しない(自身で把握したキャッシュを構成する)
プラグインは完全なものではなく汎用性のあるものであるので、理解に及ばないものは使用しない。また一般的にはシングルサイト用に作られているので、マルチサイトの場合はその対応状況を確認する必要がある。さらにアップデートを行った場合にはブラウザのキャッシュクリアを行うようにすると余計なトラブルが減少する。

3)該当するディレクトリ・ファイルのタイムスタンプを調査して更新の有無を確認する
ワードプレスのファイル群が正常に更新されている場合、問題はその他となる。大概ワードプレスの更新は正常に行われている。

4)急いでアップデートしない・・・
安易に更新ボタンを押さない。

コメントを残す